2011年4月24日

蒙古タンメン中本 大宮店

中本大宮1104

なんと中本が大宮にできてしまった。まさか神奈川や千葉を差し置いてこのク◯ドINAKAのさいたまにできるとは思わなかったのでビックリである。すっ飛ばして栃木のほうに最初に作っちゃった二郎とは大違いの「埼玉重視」経営戦略だw

それはさておき、グランドオープンの昨日は混雑が予想されたので、1日あけた今日免許更新に鴻巣に行った帰りに寄ってみた。確か開店は11時のはずだけど10時すぎ到着でもう開いてた。2日目でも熱心なお客さんが並んだんだろうな。

手ぬぐい

まだ午前中の早い時間だからか、店内は8割方の入りって感じだ。座ると「コレ開店の記念品ですどうぞ」と手ぬぐいをもらえた。べ、べつにこれ目当てで行ったわけじゃないんだからねっ!って1日100ヶ限定のコレは私の辺で終わりだったっぽい。中本新規オープン時はまだまだ二郎新規オープン時ほどの熱狂感はないにせよ、関内オープン時くらいの感じなのだろうか。

メニュー

店内を見回してみると、どこもかしこも真っ赤かで眼が痛いくらいである。どうせだったら大宮じゃなくって浦和に作って赤いフーリガンの集う店にしちゃったほうがとも思うが大宮のほうがお客さんは多そうだ。「辛さおさえめ」なんてのがあるんだね。個人的に北極を辛さおさえめで食べてみたいところ。

ビール

ビール(500円)

中本は多くの二郎と違ってビールがあるからイイんだよなあ。富士丸もそうだけどビール飲みながらマッタリ待つ心の余裕が取れる店は個人的に好ましい感じ。このショボいもやしに紅ショウガを乗せて食べるのも雰囲気だ。

店内は中本常連?らしき人と店員さんが談笑してる。あれだけ多店舗で店長もわからないし更に主任とか副主任とかチーフとかよくわからないシステム&あれだけメニューが多彩な中で、「このメニューはこの人調理だから旨い」とかわかるってスゴイよな、中本マニアの人って二郎マニア以上だと思う。

半冷し味噌ラーメン

半冷し味噌ラーメン(380円)

まずは冷し味噌ラーメン、単品注文不可の「半」である。中本では辛さ10段階中最高の10だけど、麺が冷えてるので辛さは全然だと思う。むしろ蒙古タンメンのほうが個人的な体感の辛さは上だ。フツーのつけ麺みたいにズバババッと豪快に食べると豪快にむせるのでチマチマと食べる。中本において「麺は食べられるレンゲである」とここに宣言したい(大げさなw)

半蒙古丼

半蒙古丼(480円)

半冷し味噌には半蒙古丼だ。この組み合わせ最強。半蒙古丼の上の具をツマミにビールを飲んで、冷し味噌を食べて、最後残った半蒙古丼のご飯に冷し味噌のスープを少しかけて完食するのが好き。それにしてもゆで玉子旨い。辛さが玉子の黄身でよりマイルドに昇華される。ニンニクを一番旨く食べる方法は二郎であるのと同様に、ゆで玉子を一番旨く食べる方法は中本であると言えよう(これも大げさなw)

とまあヘンなことを言ってしまったが、二郎の手前にできちゃった中本、ということは二郎に行く途中に中本があるわけで・・・個人的に二郎に行くかどうか考えちゃうなw

---営業情報
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-60 アイス大宮ビル2F
TEL:048-642-1330
11:00~21:00(5/31まで)~23:00(6/1から)
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1191

コメント[2]

二郎はチェーンでもフランチャイズでもないので戦略なわけがないい。
ましてリアル田舎者がかぶれて埼玉を馬鹿にするなんてギャグだわ

同意。しかし何故リアルな田舎者に限って埼玉や千葉を笑うのか不思議。地元の糞田舎で通販しかない生活すればいいのに。不自由なド田舎なんだろ。早く地元に帰れよ。

コメントする