2011年5月 1日

十円寿し

しまなみ海道

尾道を後にして次に向かったのはしまなみ海道。ここも1000円で通れるのを知ったのはつい先日のこと。瀬戸大橋や大鳴門橋が激混みなのと比べると非常にのんびりまったり走れますな。というか全然車走ってない!ので法定最低速度でゆっくり景色を堪能。ここは自転車でも走れるんだけど、もうちょっと天気が良かったら最高なんだろうなあ。

十円寿し1105

のんびり走っても所詮車、30分ほどで今治に着いてしまった。市内を抜けて目指すは次の目的地、十円寿し!ガイドブックにも結構載っててしかもGWなのに、お店の前の駐車場も開いててかなり拍子抜け。かなり年季の入ったビジュアルに圧倒されるが、意を決して入ってみよう・・・。

メニュー十円寿し

店内もちょっと暗くてかなり年季の入っている感じ、オヤジさんは黙々と丁寧かつ慎重に作業をしていていかにも頑固者そうだけど、おかみさんと娘さん?の3人でアットホームな「いらっしゃいませー」が返ってきてちょっとほっとした。カウンターに座ってメニューを見ると確かに一貫十円だ、こりゃスゴイ。十円寿しはさすがに1貫単位ではなく25貫単位での注文となるが、果たして・・・。

十円寿しと上寿し

十円寿し(25貫250円)と上寿し(左:350円)

こ、これは・・・圧倒的な衝撃が我々を襲う。十円寿し、確かに親指サイズだけど、左の上寿しと比べると同等、いやそれ以上のボリュームだ。却って小さくて手間を考えるとものすごい価格感である。

十円寿し

ネタはイカ・タコ・アジ・ハマチ・あと青魚と白身魚(すんませんよくわかりません)。身もプリプリしていてシャリもいい具合に炊けており、サビもツーンと効いてんまい!人並みの男性だったらこれだけで結構腹が膨れるのではないだろうか。圧倒的なコストパフォーマンスだ。「安かろう悪かろう」ではなくしっかりと質を伴う、というか質から見てもかなり素晴らしい!

吸い物せんざんき

吸い物(200円)、せんざんき(550円)

さすがに寿しだけじゃ申し訳無かったので、吸い物とせんざんきも頼んでみた。吸い物は手作り感あふれるいわしのつみれが旨い!せんざんきって知ってますか?と聞かれるまでもなく見た目で旨いことがわかるせんざんき、カリカリの表面とジューシーな肉汁がたまらない。

このお店、21世紀の日本に存在すること自体が奇跡。末永く、無理せずがんばってほしいと思う。

---営業情報
愛媛県今治市衣干町2-2-63
TEL:0898-22-7519
12:00~23:00
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1196

コメントする