2011年6月16日

らーめん大 蕨店

元祖ニンニク入れますか

蕨で軽く呑んだ後、ちょお久々に大に行ってみた。京浜東北線乗ってるときはしょっちゅう前を通るんだけどねwそれにしても「ニンニク入れますか?」の元祖が葛飾にあったとはビックリ仰天!

券売機

お店に入ってみるとちょうど1席だけ空いていて滑り込めた。後から店内待ち2~3人だったのでラッキー。それにしてもこの券売機の説明よくわからないなw現在の「らーめん(小)」が今までの「普通」って、量が少なくなったんじゃないのかと感じる人もいるのではないか。価格もアップしているような・・・。増したい分だけジャラジャラと食券渡すシステムのほうが良かったのになあ。それと券売機からビールが忽然と消えてた。ビールで「一人お疲れ様会」やる人も多そうな立地なのに何故?

張り紙

厨房には相変わらず誰が誰だかわからない店員ズ2人。あんまり行ってないから分からないんだけど、他の大と店員のローテーションしてるのだろうか。「東小金井店から我孫子店へ転勤を命ず!」とか辞令出されたらヤだよなあ。福岡に転勤だったら嬉しいかもしれないけど。とかなんとかそんなこと考えながらカウンターに座ってぼんやり見てたら、こんな張り紙が。下の脱力系の文字の張り紙も面白いが、「ティッシュはくずかごへ」って書いてあるお店が多い理由が今更ながらわかった。寸胴に入っちゃったらそりゃ怒るわなあ。

らーめん(小)ニンニク+ネギ+こま切れ豚1

らーめん(小)ニンニク+ネギ+こま切れ豚2

らーめん(小)ニンニク+ネギ+こま切れ豚(600+100+70円)

「ニンニク入れますか?」の元祖のはずなのに全然そんなことも聞かれず「トッピングは?」と全く元祖らしからぬ扱いを受けて出されたブツ。こま切れ豚って入れるとしょっぱいのわかってはいるんだけど、メニューにあったら端っこ好きにとっては入れちゃうんだよなあ。

麺

麺は相変わらずのキャラメル麺。「二郎インスパイアはすべからくこういう麺であるべし」というイメージを植え付けた功罪半ばの麺だよなあ。でも今日はちょっと柔らかめで、もうちょっと柔らかかったら・・・ってそれじゃあ大じゃなくなっちゃう。それにしてもスープがしょっぱい。こま切れ豚が入っているのを差し引いてもしょっぱい。塩っ気をモロに感じる。大はもうちょっと甘味のあるスープだと思ったけど・・・。

豚

大の豚には個人的にはあんまり期待してないんだけど、その小さな期待を下回るブツだった。箸休めとして考えればまあこんなもんかなあ。

ネギ

ネギは辛味もなくシャッキリポンとした食感(?)でこれはしょっぱいスープとよく合ってた。

こま切れ豚

そして肝心のこま切れ豚、単体で食べると確かにしょっぱいんだけど、それ以上に今日はスープがしょっぱかった。これはこれで油そばに入れて食べるといいんじゃないだろうか。ここの油そばなかなかハードルが高くて食べられないんだけど・・・。

店頭

---営業情報
埼玉県川口市芝新町2-1
TEL:不明
11:30~25:00
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1206

コメントする