2011年11月10日

中華そば 卍

卍1111

ここまで来たらまあもう1店くらい行きますわな、と、本家の出現でガクブルしているであろうお店の1つに行ってみることにした。二郎からずんずん南下して東北大をつっきってたどり着いたのはこのお店。なんか看板が赤くなってるw思わず◯イモン・◯ィーゼンタールセンターに通報したくなっちゃうマークも健在だw

待たずにすんなり入れると思っていたら、店外2人待ちと意外や意外。本家二郎の出現はマイナスだけど、あの長大な行列を回避する意味で、仙台元来のインスパイア店にも人が流れているのだろうか。それにしてもあの吉川晃司似の店主は相変わらずおらず、思わず女性に見間違うようなビジュアル系(?)な男性が1人で調理を行なっていた。

油そば(中:800円、写真撮影不可)

油そばがあったから思わずポチリ。食券を渡すと「ニンニク入れますか?」とこの時点で聞かれる。「野菜マシで!」って言ってる人もいたけど、いつの間に対応するようになったのだろうか。

さて、油そばの調理工程は丼に背脂とカエシを入れ、茹で上げた麺を入れて野菜とブタを盛りつけ、最後にニンニクと食べるラー油を乗せて完成。結構な野菜の盛りだ。以前の盛りは思わず「沖ノ鳥島かよ!」と思わず言いそうな水没寸前のショボさであったが、今日は普通の二郎インスパイアくらいの高さはあったな。ブタも以前は1枚だけだったような気がするが結構な厚みのものが3枚ほど。本家二郎が来たから危機感を募らせているのだろうか?さて味の方は・・・。

麺は池袋というかそれを1周りくらい太くしたようなゴチゴチした食感。量は200gくらいかな、池袋のパスタ麺はうーん?ってな感じだけどこれは結構好みだなあ。油そばだけあってよく混ぜないと味が無いんだけど、混ぜるとダイレクトなカエシの感じと脂が相まって結構旨い。ブタは冷たくてラードの塊みたいな感じ+モソモソした繊維状のブツってな感じだった。

それにしても何故撮影禁止にしているのだろうか、出回ってる過去のショボ画像を参考にしてここに来ない人もかなりの数いると思うんだけど・・・。

参考までに以前の訪問記録:
2004年11月訪問
2006年1月訪問
2006年8月訪問

---営業情報
宮城県仙台市青葉区五橋2-5-11
TEL:非公開
11:30~14:00 18:00~21:30
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1283

コメントする