2012年2月11日

らーめん梵's 北浦和本店

梵's1202

波華に続き富士丸まで消え去ってしまって、アレ系に飢え気味な北浦和駅周辺。某ジャンガレができたものの役不足、埼玉大学の学生がいっぱいいるのになぜコレ系ができないんだ、って思ってたらなんと大学の目の前にソレ系専門店ができてしまった。しかも「北浦和本店」を名乗ってるw。おいおい北浦和から歩いたら優に40分以上かかるぞい・・・

立て看板

ということでオープンしたのは昨年12月ということだけど、ようやっと行くことができた。さて外見は黄色と黒と赤の警戒色カラーでいかにもな感じだけど、立て看板の文字のギザギザくらい消したらどうか。

券売機

カウンターのみの店内は10席ほど、到着時には1席だけ空いてたのでなんとか滑り込むことができた。土曜というか祝日だったので家族連れもいたけど、平日は学生で溢れ返るのだろうか。メニューはラーメンと汁なし、トッピングとまあ一般的な内容。

調味料

店員はお髭の店主とお母さん?の2人でやっていた。なんでも店主レッズの選手の同級生がやってる店ということでそれなりにこの界隈では有名?ということらしい。でも浦和近辺にある居酒屋みたいにレッズレッズしてないのでアカに拒否反応示している人でも入りやすいと思う。ちなみに卓上調味料はこんな感じだ。

らーめん野菜ニンニクアブラ+味玉2

らーめん野菜ニンニクアブラ+味玉2

らーめん野菜ニンニクアブラ+味玉(650+100円)

おおっ、なかなかの具合。ただし丼がサカズキ状なのでその点を割り引いて考える必要があるが。野菜は茹で上げられてザルの中であらかじめ黒こしょうをまぶされているのでこんな感じになる。さていただいてみませう。

麺

よく油が溶け込んだスープは味薄めながらもしっかりとしたコクも感じられる。一般的な「とりあえずモヤシ盛っとけばいいだろう」的なお店とはちょっと違うか?やや固めの中太麺、やたらスープがよく絡むなあと思ってたら表面にスパイラル状のネジレがついていて、やや粘度高めのスープをよく持ち上げてる。麺箱を見ると「クリタ食品」とあったけどここのHPを見たらすごい種類の中華麺扱ってるんだね。断面がハート型とか初めて見たよ。ここの麺も特注品なのかも。

豚

豚は肩ロースなのかな、いわゆるコレ系ではあんまり見ないブタだ。冷たいけどしっとりとやわらかくて旨い。味玉はトロリ半熟系、黄身がややしょっぱめだった。それにしてもなかなかいけてる、というかンまいコレ系だと思う。埼大生の心の味になるんだろうか?

駐車場

駐車場も完備してるし近いし、結構サクッと食べられる。個人的には行く機会が増えそうだ。

---営業情報
埼玉県さいたま市桜区上大久保201
TEL:不明
11:30~15:00 18:00~21:00
木休

二朗

埼大近辺はラーメン屋が結構多くて隠れた激戦区なんだけど、実はフツーのラーメンの片手間にソレ系のメニューを出してる店がいっぱいある。けどあんまり食指は・・・たとえばこんな「二朗」系出してる店なんか見ると、あきれるを通り越してちょっと悲しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1315

コメント[4]

東の桐龍に、西の梵’s。 野郎が力尽き、富士丸が去っていったとはいえ、まだまだ捨てたもんではないですのぉ。

No.5040の赤い千住厨さんのコメントへの返信

返信大幅に遅れてすいません!
なにやら南浦和とか蕨のあたりにもアレ系ができたみたいですね。
というか、富士丸北浦和の店長はどこへ行ってしまったんでしょうか・・・。

ふじまる北浦和の店主さんは明大前でもみじ家ってラーメン屋さんを営んでますよ

No.5243の麻太郎さんのコメントへの返信

>麻太郎さま
情報ありがとうございます、もみじ屋行ってみたいんですがなかなか遠くて・・・
もみじ屋をやってる店長の次に入った店長はどこに行っちゃったんでしょうかね?

コメントする