2012年6月24日

らーめん 虎丸

虎丸1206

用事ついでに南浦和にできた虎丸へ。これでさいたま市内の京浜東北線沿いには浦和と与野以外は二郎かその模倣が食べられることになる。というか、埼京線沿いに作っても・・・ダメかぁ。南与野とか武蔵浦和とか需要ありそうだけど。

チラシ

南浦和の西口ロータリーを南下し、ちょっとした飲み屋街を抜けると黄色に黒&赤の看板。もうちょっと行くとLa Senteurなんかもある。ここはご存知さいたまご当地グルメ、スタミナラーメンの娘娘の跡地とのこと。さいたまご当地グルメから二郎風のお店へ・・・時代の流れとはいえちょっと悲しい。

メニュー卓上調味料

お店に入るとちょっと高めで調理場が見えないカウンター8席くらいと、奥に個室?みたいな席の構成。券売機がない&奥のほうにレジがあるので、二郎感覚で行くと食い逃げ注意!っと、それは置いといて、ラーメン、つけ麺、まぜそば、それに塩とかなりメニュー豊富。さらに豚めしやアルコール類もあっていろいろ楽しめそう。しかし、「山盛り」ってどれくらい盛られるのか?

つけめんヤサイニンニク

つけめんヤサイニンニク(780円)

今日はちょっと暑かったのでつけめんにしてみた。ニンニクが小皿で別盛りになってるけど、これはニンニクを頼んだ人全部なのかなあ。他にニンニク頼んでる人が店内にいなかったから不明だったけど、個人的にはこういう感じになってると少しずつ入れたりして楽しめるのでちょっと嬉しい。インスパイアならではだ。

麺つけ汁

透明な油がドッサリ浮いたつけ汁は顔を近づけなくても魚介系の香りがもわーんと漂ってくる。しかしこういうでっかい海苔って処分に困るのは私だけ?海苔だけ食べてもしょうがないし、スープに浸すとデロデロしちゃうし。ライスを注文するのがベストなんだろうけど。

つけてみる

「三河屋製麺」と書かれた麺箱が見えたからもしかして・・・と思ったら、これって辰屋の麺じゃないか?!辰屋もしばらく行ってないから記憶があやふやなんだけど、この噛み応えのある極太麺はかなりいい感じだ。ただ、鬼のように入ってる魚粉のおかげで結局魚粉しかイメージに残らなかった・・・角切りの豚も柔らかくいい感じだっただけに、つけ麺以外のメニューをぜひ試してみたいと思う。

---営業情報
埼玉県さいたま市南区文蔵1-17-2
TEL:不明
11:30~15:00 17:00~21:30
火休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1351

コメント[2]

娘娘の跡地でしたか!

No.5241のYさんのコメントへの返信

>Yさま
娘々時代に行ったこと無いんですよね・・・
こういうお店、なぜ浦和にできないのかなあ。

コメントする