2012年6月27日

ラーメン二郎 大宮店

大宮1206

腕のプレートを抜く1泊2日のちょいとした手術が完了。前日昼に入院し退院が朝9時、って早すぎでしょ。でもアッサリ終わったのはいいことだわなあとリハビリがてら大宮まで。春つけ麺も終了し、夏のつけ麺のシーズンがやってきた!今年はかつお節だそうだけど、大宮で私が期待するのは・・・そう、「ハンバーグか否か」のみである!

空席だったので食券を出して席に座ったら「ニンニク入れますか?」といきなり聞かれた。はええなああ。見込みで茹でてたってことか。つけ麺だからその後「麺は温かいのにしますか冷たいのにしますか」と聞かれたけど、もし誰も入ってこなかったらこの麺はどうなっちゃうんだろうか。

つけ麺ニンニク+玉ねぎ

つけ麺ニンニク+刻み玉ねぎ(750+100円)

といういきさつで熱々のつけ汁が出てきてからしばらくして麺が。それにしてもつけ汁の油の層凄いな・・・

麺

早速麺をドブリと浸して啜ってみる。うん、今年もハンバーグではない、以上!というのもアレなので今年つけ麺はどうかというと、つけ汁の底には大量のかつお節が沈んでるんだけど、液体油の層が凄くて油で麺がコーティングされちゃう。ちょっと味がぼやけちゃってるかなあという印象。

ブタ

ブタは大宮にしてはちょっと薄切りかな。相変わらず大宮のブタは噛みしめ系の歯ごたえだ。100円追加で玉ねぎはドッサリ乗ってくるけど、辛味も少なくてスープのドロドロ感が増してお勧めかもしれない。ハンバーグ風味は増えないけど・・・。

---営業情報
埼玉県さいたま市大宮区下町1-25
TEL:不明
11:00~14:00 17:00~22:00
無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1356

コメント[1]

コーティングとは昔流で「めっきはいつか剥がれる」というように、産業の補助手法であり、それが主役になることはありえない。だからといっても、その重要性は多様なニーズに対して広がり続けているのもたしか。

コメントする