2013年1月 6日

ラーメン生郎

生郎1301

政権交代なんかあったりして、ってわけではないが、ふと思いついて首相の出身校であるところの隣の生郎に行ってみた。細麺になるまでの生郎ってのがかなり自分の中ではイイ感じだったのだが、細麺になって、なおかつ撮影禁止になってからは全く行っていなかった。何年ぶりだろうと記憶と記録を遡ってみると、なんと2005年の夏から行ってなかったなんて。そりゃあ7年半も経てばテントもボロボロになるよなあ。

それにしてもすごい外観だ。生郎について全く知らない人がこの写真を見て、営業中のラーメン屋って120%誰も思わないよな。テント代を寄付しようって成蹊内で盛り上がらないのだろうか。OBでもいいや、首相とは言わない、いっそのこと自称二郎芸人とか寄付されてはどうだろうか?

とまあヨタ話はおいといて、お店の近くの駐車場に車を停めて。確か日曜もやるようになったんだよな、10時くらいからやってたっけ、とお店に着いたのは11時過ぎくらい、既に開店していた。早速店内に入ってみるとお客さんはゼロ。7年半前とまったく変わらない感じのオヤジさんが「いらっしゃい、何にしますか~」とのことだったので「大」を注文。

おもむろに麺を中華鍋に投入、モミモミはやめちゃったのかなあ。でも何か遠い目をしながら五日市街道を眺める姿は相変わらずだ。

大ダブル全増し1

大ダブル全増し2

大ダブル全増し(830円)

「はい、大の方?」と聞かれたので「大ダブル全増しで」と応えてこれ。店内撮影禁止(動画も)の張り紙があったんだけど、オヤジさんにお願いしてみたら「どうぞ~」とのことだったのでおもむろにパチリ。別に写真を撮りに来てるわけではなく、ラーメン食べに来ているわけなんだけど、どうもブログやってるせいか、撮影禁止のお店って行く気になれないんだよなあ。というわけでここに来る機会が増えそう。しかし量ホントに少ないよね。初心者でも大ダブルをペロリと平らげることができるお店である。注文がハードル高いけど・・・。

麺

割り箸よりちょっと太い麺、は十分以上も茹でられていたのだけど、芯がかなり残ってるアルデンテ、というか生煮え的な食感w以前の太麺とはちょっと違うような気もするけど、二郎(風)のお店の中ではかなりの太麺だと思う。もうちょっと茹でたほうがいいのかもしれないけど、これはこれでなかなか。あの細麺はホントにアレだったからなあ・・・。スープはスッキリとしていながらブタのダシがしっかりと出ていてこれも旨い。

ブタ

一口サイズのブタもやわらかく旨い。ヒョイパクヒョイパクと食べ進めてゆくと気がついたらあっと言う間に完食してしまった。今度は増しだな、というか生玉子はまだあるのか、この太麺で「つけ」はどうなるのか、また再訪してみたいと思う。それにしても先客ゼロ、後客ゼロというのはいかがなものか・・・。

---営業情報
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-4-3
TEL:非公開
10:30~17:00(日祝11:00~?)
無休?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1384

コメントする