2013年3月30日

ほり米

大根とつぶ貝のしぐれ煮、穴子の骨せんべい

さあ、北海道だ!札幌だ!二郎だ!と前日に乗り込んだこの日、でもやっぱり北海道来たんだからウマイもんでも食べに行きましょうよとすすきののほり米(ほりべえ)へ。実はこのお店、完全予約制、しかも(ほぼ)紹介制とかなりハードルの高いお店なわけだけど、セクシーな方のご紹介&ご予約で行くことができた。しかしこのセクシーな方、いつも思うんだけど、一体何者なんだろう。
とまあそれはさておき、20時過ぎからおっぱじめ!突き出しは大根とつぶ貝のしぐれ煮と穴子の骨せんべい。こういう突き出しの煮物ってぶっちゃけテキトーというかしょっぱかったりするんだけど、ホンワカした味付けだけどクセになる感じ。日本酒に合うよねえ。骨せんべいもカケラだけで飲めちゃうよ。

活帆立刺、帆立の玉子つき

活き帆立刺、帆立の玉子つき。このオレンジな部分、焼き帆立とかで散々食べたことがあるけど、ずっと肝だと思ってて玉子って知らなかったよ。しかも生!ああ、帆立の身のホタテ感をぎゅっと濃縮したような味だあ。実は帆立って生まれたばかりはオス、1年経つとメスになるらしい。雌雄同体、アンドロギュヌスか!

チカ刺し

チカのお刺身。チカってワカサギの偽物(?)として流通してるヤツだよなあ。焼いたヤツでしか食べたことがないけど、生はさすがにウマイ。身があま~い!

ニシンの細造り、白子ソース掛け

ニシンの細作り。ここまで生で食べたことのないもののオンパレード。というかメニューの右から順番に注文しているだけなんだけどwニシンの身はまあ想像していた通りの味だけど、これが白子ソースをかけると一変するのよ。なんというか、一気に花開くというか。

厚岸産生牡蠣

厚岸産生牡蠣。生牡蠣って普通ペロッと一口で食っちゃうでしょ、自分的にはアレがなんかヤだったんだけど、こうやって切ってあると「切ってあるんだけど

あわび刺し、肝ソース

あわび刺し、肝ソース。もう見ただけで旨さがわかる代物。見た目と味が直結してる。

ぶどう海老1ぶどう海老2

ぶどう海老は刺身と頭を揚げて。刺身もよかったけどカリカリの頭にミソが。これ1つだけで5杯くらい飲めるな!

ホタルイカの素干し

そしてホタルイカの三連星、まずはホタルイカの素干し。

ホタルイカのなめろう

ホタルイカの天ぷら

ラストはホタルイカの天ぷら。塩でいただく。これが思わず声を上げるほど旨かった!サクサクフワフワの衣と身だけ

おでん盛り合わせ

そういえばここ、「おでん 寿司 居酒屋 ほり米」なんだよね。おでんなんかも食べてみようかということで盛り合わせ。うわー、無化調なのになんだこの圧倒的なダシ感は・・・でも全然しつこくなくてスッと抜けていく感じが心地いい。コンビニのおでんなんか煮物だよ煮物。

サメカレイの煮付け

煮物なんかも食べてみようか、ということでサメカレイの煮付けなんぞを。サメカレイなんて食べたことがないぜよ・・・

ウニたま

そういえばここは寿司屋なんだよねえ。寿司食ってないやって言ったらセクシー氏が「コレ食べなきゃウソでしょ」ということで〆はウニたま。大将がいきなり「手を出してください」なんて言うもんだから手を出すと「ホイッ」って乗せてくれる。あぶったウニが乗ってるお寿司。女将さん曰く「ウニは絶対体温くらいの温度がおいしいから」なるほど。こりゃんまい!

8時から5時間弱の滞在、日本酒も10杯以上呑んで一人1万円行かなかったのは素晴らしい。女将さんと大将とのトークもホント楽しかった。また来ます。絶対来ます。確実に来ます。

---営業情報
北海道札幌市中央区南4条西5丁目10 第4藤井ビル 3F
TEL:011-251-1566(完全予約制)
19:00~
日休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1393

コメントする