2015年2月18日

滝野川 大勝軒

移転のお知らせ

なんとあの滝野川大勝軒が移転してしまうらしい。板橋に住んでた時はしょっちゅう行ってて、さいたまに引っ越したのと滝野川の店長が株式会社大勝軒の社長になっちゃったあたりからしばらく行ってないよなあ、って調べてみたら最後に行ったのは2009年5月だった。約6年ぶりかあ、ってその時も「近々また行ってみたい」って書いてあるのに行ってないとは。

券売機

まあこのフランクな店長も、移転先のお店で店長をやるわけで、居なくなったりはしないんということなのだそうだ。だけど、個人的に危惧しているのは「この味がそのまま出るとは限らない」。というわけで2週連続で行ってみた。池袋かあ、この滝野川みたいにレモンサワーとか日本酒とか、まったり飲みながら店長と会話しながらラーメン食べるわけにはいかないんだろうなあ。

ビール

瓶ビール(550円)

べんてん亡き後はここが世界一うまいスーパードライの店だっ!って言うわけでもないけど、ちょい甘目のメンマとチャーシューをパクつきながら、キンキンに凍ったグラスで飲むビールはうまいなあ。この日は隣に居たキャバ嬢上がりのおねえちゃんがお酌してくれたりwしたけど、遠慮して手酌で。こういうなんとも言えない雰囲気がいいんだよね。

もり野菜1

もり野菜2

もり野菜(1000円)

滝野川といえばこれ、たっぷりの野菜炒めが入ったもり野菜。券売機の一番左上はもりそばだとして、その直近にあるのがこのメニューである。うっはー、この野菜の山!久々でワクワクしてきたなあ。

麺

野菜がありすぎて麺をつけるスペースが無いが、とりあえず野菜をどかしてじゃぶりと一発麺を浸してズズリと啜る。コレだよコレ、大勝軒のもりそばは最近のいわゆる「またおま系」と比べて明らかに甘いんだけど、この甘さが炒め野菜のコクと相まって旨味に変わる、これがいいんだよなあ。蛹が蝶になるような変化、そしてむっちりとした官能的な麺との化学反応ときたら!これはうまい!

チャーシュー

チャーシューはもも肉が4~5枚ほど入っていて、「もり野菜チャーシュー」にしなくても十二分に満足。しかしこんなにチャーシュー旨かったっけな?もっとガチムチでいかにも「もも肉」的な感じだったと思うんだけど、しっとりとしていて美味美味。

スープ割り

麺、ウメッ。野菜、ウメッ。チャーシュー、ウメッ。とやっていたらあっという間に食べ終わっていたので、スープ割りをお願いした。たっぷりとスープを注ぎ、ネギをぱらりと入れてくれる。満腹なんだけどスープはスルスル入るねえ、はあ~満足満足。

餃子餃子リフト

餃子(400円)

1週間後にまた行ってみた。この時は2名体制だったので、前の時は店長一人のワンオペで頼みづらかった餃子を。ゴロッとした大ぶりの餃子は噛むと中からアツアツの肉汁がピュッと。これもうまいなあ。皮がもっちもち、滋味あふれる肉汁でビールが止まらないよ。

ラーメン

ラーメン(750円)

今回はラーメンにしてみた。職場の先輩が東池袋大勝軒(移転前)によく行っていて、「あそこではラーメンしか食べてない」とよく言っていたが、実は私は大勝軒のラーメンはここ、滝野川でしか食べたことがないwしかしこれぞディス・イズ・ザ・ラーメンって感じのビジュアルだなあ。

麺

ツル!プリ!モチ!と三拍子そろった麺は当然のようにつけ麺でもラーメンでもうまいわけで。スープが主張しすぎるわけでもなく、麺が主張しすぎるわけでもなく、でもうまい。気がついたら大量の麺がなくなっているわけで。

チャーシュー

もも肉チャーシューも大ぶりのブツがぺろーんと。なんかオッサンが入りづらい、ちまっとした量を小奇麗な器に盛り付ける、なんというか女の腐ったような(失礼)ラーメン屋が多い中で、「うまい!お腹いっぱい!」を具現するラーメン屋のいかに少ないことか・・・。池袋に行ったらそうじゃなくなってしまうことを個人的に一番危惧しているのだ。

KK

聞く所によると移転先は「キングコング(←知らん)」というお店の跡地らしい。いくら株式会社大勝軒が営利企業であったとしても、大勝軒が大勝軒らしさを失ったらダメだと思うんだよなあ・・・。そもそも池袋にそんなに大勝軒が、3軒も必要なのかよ。と思ってたらKKしてた。店長さん、池袋に行っても変わらないで居てほしいなあ。

テンチョのもり野菜

と思ってたら店長ではなく元二郎HPガー(どう言ったらいいかよくわからない)の(他称)テンチョがやってきてレモンサワー二杯を飲み干してもり野菜中盛を食べて颯爽と出て行った。さすがやでえ!

滝野川大勝軒

---営業情報
東京都北区滝野川2-10-3
TEL:03-3940-3860
11:30~15:00 17:30~21:30
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1528

コメントする