2015年3月31日

つけ麺 どでん

つけ麺どでん1503

どでんのつけ麺専門支店が日曜からプレオープンしているという話なので、仕事帰りに途中下車して行ってみた。本店は北浦和といえども非常にINAKAで行くのに難儀する場所なのだけど、こちらの支店は与野駅とさいたま新都心駅のちょうど中間くらい、与野駅からは徒歩10分弱ってところだ。これは行きやすい!

券売機

入ってすぐ右手に券売機が。なるほど確かにつけ麺とトッピング、サイドメニューだけだ。まぜそば専門店(というか今はラーメンも出してるけどw)はあるけど、この手の店でつけ麺専門店ってずいぶん思い切ったことをするもんだなあ。プレオープンということもあって辛つけ麺も無いし追い飯(!)も一部無い。ここでで謎押しの飲料である特茶も無かった。

ジャパニーズモダンな店内はアイランドキッチンとでも言うのか、鉄板焼き屋スタイルとでも言うのか、店員さんを取り囲むようにコの字のカウンター8席。1席だけ開いていたので滑りこんだ、って元富士丸北浦和店店長で現どでんグループ総帥(?)、久々に見たなあ!食券を出すと「つけ麺は冷たいのと釜揚げと言って暖かいのできますけど」「油おつけできますけど」とのチョイス。おっ、ニンニク入れますか?じゃないんだね。

取り放題

「棚からお好きなトッピングどうぞ~取り皿は上に置いてありますので~」ということで入り口向かって右側の棚はこんな感じ。プレオープン初日と2日めはカウンターに置いてあったようだけど専用の棚ができてる。好きなものを、好きなだけ。胸躍るシステム、これは楽しいなあ。

トッピング

ということでひと通り取ってみた。かつお節、桜えび、、ねぎ、玉ねぎ、ごま、刻みニンニク、魚粉、海苔。玉子は生玉子とゆで玉子があるけど、ゆで玉子はその筋の方にお任せして私は生玉子をチョイス。取り放題ということで玉子無双してるバカとかいるかと思ったけど幸いにも居なかった。

缶ビール

缶ビール(350円)

富士丸からの伝統としてビール類を頼むとブタモヤシゆで玉子半分にアブラがかかったおつまみが付いてくるわけだけど、ここはシンプルにメンマとネギ。ふむふむ。

カウンター

カウンター上には酢や胡椒、割りスープの類。コの字のカウンター内側に陣取るどでん総帥は接客担当で、キッチンは奥にあって中が見えず、調理している人が誰かはよくわからなかった。

極・どろつけ麺小アブラ

極・どろつけ麺小アブラ(800円)

「どろつけ麺お待たせしました~」ということでお盆に乗ってブツが運ばれてきた。おお、野菜を排除した潔いスタイル。追い飯を試すためにあえて小にしてみた。決して50円ケチったわけではないので念のため。ではいただきましょ。

麺

「麺・自家製極太うねり」と券売機にも書かれた麺は、北浦和(遠い)の本店より気持ち細めのような気もするけど十二分に極太ウネウネ。しっかりと水で〆られているけどツヤツヤ感はなく白っぽい麺肌。

つけダレ

つけダレは見るからにドロドロ、というかゲル状だなこれはw見た目じゃ何が入っているか全くわからないカオス感あふれるものだ。運ばれてくる様子を見てたら移動中も全然液面が動かないんだもんなあ。

ざぶん

麺をつけダレにざぶんと浸して・・・って麺が全然沈まない、なんだこりゃwプリンというかババロアというか、そんな感じだ。よく箸で撹拌してやるとチキソトロピーが壊れてようやく動いてくれるが、これだけの高粘度なモノは初めてかも。確実に北浦和本店のつけダレよりも粘度が高い。そして麺にまとわりつく肉カスとアブラ!ブタブタブタとブタが押し寄せてくる。ちなみに魚介風味は全くなし。しかしビジュアルとは裏腹にしょっぱくもしつこくも無く、臭みも全然無い。これはいいぞお。

ブタ

ブタはちょっと冷めていてやや硬めだったけど、薄味でさっぱりと頂ける感じだ。つけ麺だからラーメンみたくアツアツのスープに浸して事無きを得るって感じではないけどこれはこれで箸休め的に。トッピングは色々試してみたけどやっぱり当たり前だけどニンニクが合う。あとカエシというかタレがあると助かるんだけどなあ。

追い飯

追い飯(チーズペッパー、150円)

「追い飯でーす。麺を食べ終わった後に入れてください」とのことで運ばれてきた。白飯と坦々とチーズペッパーがあるけどなんだか合いそうな予感がしてチーズペッパー。ほぐしブタと胡椒を和えたものと粉チーズとネギが乗っている。麺をズバズバと食べ終わり、おもむろに・・・。

追い飯

キチャナクてすみません。つけダレに追い飯を入れ、アブラを投入、最後に生玉子の黄身を投入!黄身が欠けちゃったのが悔いが残るがやむを得ない、食べてみると・・・「即身成仏」この一言ですよ。なんだこの世界最凶最悪の食べ物はw気がついたらなくなっておりました。

いやーアブラとごはんがこんなに合うなんて!ここは「つけ麺」なんて冠があるけど、麺よりご飯を味わう店なのではないだろうか。そういえば追い飯にアブラをかけたら全世界5万人のフジマラー待望の「富士丸アブラ+ご飯」ができたではないかと食べ終わって店を出たら気がついたwこれは唯一無二の店だよなあ。流行る予感がプンプンする。再訪間違いなしだ。

---営業情報(プレオープン時の情報)
埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-333A棟102
TEL:不明
18:00頃~2時間から3時間くらい
休?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1535

コメント[1]

まこぴさんのこの記事見てアブラを追い飯にかけたら箸が止まらなかったです‥

カロリー気にしちゃダメですね。
美味しいですから。

コメントする