2015年4月14日

ラーメン二郎 栃木街道店

佐野厄除け大師

ふと思い立って佐野厄除け大師に行ってみた。いやあすごいねここ。入場→支払い→待機→祈祷→解散、「厄除け」というものが完全にシステマチックに完結している。1時間強の異次元体験。なんでも実際やってみるものだなあとしみじみ実感。

栃木街道1504

さて厄除けで疲れた(本当に疲れるのだこれが!)しお腹も減ったなあ、どこで食べるか。朝鮮飯店でハマグリのガソリン焼きというのも悪くないが(ないない)、佐野→栃木→二郎!という思考のコンボで栃木街道までぶらり。平日で天気も悪い、しかもほぼ昼の部終了間際だというのに店外待ち5人ほど。

テーブル席

今日は家族連れだったのでテーブル席にご案内。野猿や小金井もそうだけどテーブル席があると家族連れには嬉しい。ここはバックヤードというか通路も広くてその点でも使い勝手がいいなあ。

TOKYO KAIDO当日限定フード

そういえば29日の祝日の「TOKYO KAIDO」なるイベントのフェス飯でここが出店するらしい。ラーメンじゃないのが残念だなw聞く所によるとごはんものとか・・・食べてみたい!

たまご&らっきょ

生たまご(50円)+岩下のピリ辛らっきょう(100円)

先出しブツとして生たまごとらっきょ。生たまごは那須御養卵を使用、見るからに弾力が違うなあ。岩下のらっきょう・・・そうか、岩下食品は栃木市が本社、那須御養卵と合わせてこれも地産地消の試みなのかあ。

小ニンニクショウガ1

小ニンニクショウガ2

小ニンニクショウガ(700+50円)

助手さんがおぼんに乗っけて慎重に丼を運んできてくれた。うーん運んでくる間から漂ってくるこの香り!二郎食べるの久々だから興奮を抑えられないなwではいただきましょ。

麺

これだよこれ。スープの圧倒的なブタ感、ブタが押し寄せてくる感じだ。カエシも濃厚なんだけど、スープも負けてない、相乗効果でダブルで無茶苦茶濃厚!これが二郎とインスパイアの最大の違いなんだよなあ。もっちもちの極太麺もスープに合って最高だあ。

ショウガ

ショウガを入れてもスープがショウガに支配されることはなく、清涼感が加わってこれはいいねえ!らっきょうも箸休めにポリポリ・・・この甘酢っぱ辛さがどんどん食欲を増進させるなあ。らっきょうってカレーに合わせるだけかと思ってたけど、二郎にも合う合う。

ブタシュート

ブタも肉厚でジューシー。「かぶりつく」って語感がこれほど合う食材も無いな。そして那須御養卵をシュート、ってただ小鉢から移しただけだけどwズバババッと食べてフィニッシュ。帰りは新四号経由でさいたままで1時間半くらい。意外と近いのねえ。また来ないと。

---営業情報
栃木県下都賀郡壬生町本丸2-15-68
TEL:不明
11:30~14:45 18:00~21:00
土11:30~15:30
日祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1540

コメントする