極太濁流らーめん ら・けいこ 東片端店[亜流・インスパイア系(関東以外)]
(2015-01-30 18:30:00) by まこぴ


<画像:らけいこ東片端1501>

この木金は名古屋方面に出張。早めに終わったので軽くラーして行くかなあと考えてたら、そうだあそこに行ってみようと桜通線の高岳からテクテク歩いて東片端まで。10年ぶりくらいかなあと思ってたら7年ぶりだった。まあ10年一昔というけどそれくらい離れてたわけで、さて・・・。

<画像:券売機>

おお、この頭をぶつけそうな、というか実際に頭をぶつける鴨居とか、薄暗い小料理屋風の店内とか、まんまだなあと思ってたら!肉体労働が似合いそうな店長とちょっとロリの入ったアニメ声のマダムが!記憶のまんまの構成だ!なんだか涙が出てきそうだよ・・・。券売機はさすがに7年の?月で故障してしまったようだがwそういえばここも撮影禁止のシールが剥がされていたな。

<画像:男の生ビール>

男の生ビール(620円)

マダムの「ご注文はいかがしましょうか?」の声で注文、前金制なので戸惑ってしまったwしかし、このでっかい生ビールも懐かしいなあ。らけいこオーナーのブログ(今は閉鎖)の「だいけんの真実」を見ると生ビール飲むの躊躇するけど、ここは店長とマダムコンビだ、大丈夫!グビグビ!

<画像:デブセブハイパーライト麺少なめニンニク1>

<画像:デブセブハイパーライト麺少なめニンニク2>

デブセブハイパーライト麺少なめニンニク(1020円)

Sのゴハン(サトウのごはんか?)やK麺の親子盛り(ブロガーの名前らしい)など意味不明なネーミングのメニューが多いが、初心者が一番困惑するのがこの「デブセブハイパー」である。デブはわかるけどセブってなんじゃw常連さんが「ラーメンにセブ肉1枚追加」って言ってたので肉の種類の名前だと思うけど、「セブ肉」、昔流行った「ぞぬ肉」みたいなもんかな?とりあえずたべてみましょ。

<画像:麺>

おおお、この白っぽい極太麺!一見うどん、食べてみても一瞬うどんなんだけど、ちゃんとラーメンなんだよなあ、むちむちして官能的!たまり醤油ベースのタレもたまるか!(土佐弁)。麺の量もデフォで450gなので減らしてもらったけどそれでも多いw野菜がほぼ生なので食べるのが結構疲れるんだけど心地よい疲れだ。

<画像:セブ肉>

そしてセブ肉!メニューの「ライト」ってどこがライトなんじゃと思ったけど、普通の「ハイパー」はセブ肉をカットして1枚ずつ片栗粉つけて揚げたもの、「ハイパーライト」は揚げた後にカットしたものである。もうどっちでももはや「デブ」であることには変わりないなwしかしこのセブ肉はトロットロで本当にうまい!セブって一体なんの肉なんだろう・・・皮っぽいカリカリしたところもたまらん!ビールがススムくんですなあ。

<画像:ラー油>

ちょっと飽きたところでラー油をイン。これがまた辛くて汗ダラダラ、マヨネーズをちょこっと入れてマイルドに、などをちょこちょこしてズバババッと食べてフィニッシュ。ああ、うまかったなあ。名古屋のアレ系のパイオニアだけにやっぱり外せない。是非オススメ。

---営業情報
愛知県名古屋市東区東片端町35
TEL:不明
11:00〜14:00 17:30〜21:00
日休


コメント(1)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8