つけ麺 どでん[亜流・インスパイア系(関東)]
(2015-03-31 19:30:00) by まこぴ


< ページ移動: 1 2 >

<画像:つけ麺どでん1503>

どでんのつけ麺専門支店が日曜からプレオープンしているという話なので、仕事帰りに途中下車して行ってみた。本店は北浦和といえども非常にINAKAで行くのに難儀する場所なのだけど、こちらの支店は与野駅とさいたま新都心駅のちょうど中間くらい、与野駅からは徒歩10分弱ってところだ。これは行きやすい!

<画像:券売機>

入ってすぐ右手に券売機が。なるほど確かにつけ麺とトッピング、サイドメニューだけだ。まぜそば専門店(というか今はラーメンも出してるけどw)はあるけど、この手の店でつけ麺専門店ってずいぶん思い切ったことをするもんだなあ。プレオープンということもあって辛つけ麺も無いし追い飯(!)も一部無い。ここでで謎押しの飲料である特茶も無かった。

ジャパニーズモダンな店内はアイランドキッチンとでも言うのか、鉄板焼き屋スタイルとでも言うのか、店員さんを取り囲むようにコの字のカウンター8席。1席だけ開いていたので滑りこんだ、って元富士丸北浦和店店長で現どでんグループ総帥(?)、久々に見たなあ!食券を出すと「つけ麺は冷たいのと釜揚げと言って暖かいのできますけど」「油おつけできますけど」とのチョイス。おっ、ニンニク入れますか?じゃないんだね。

<画像:取り放題>

「棚からお好きなトッピングどうぞ〜取り皿は上に置いてありますので〜」ということで入り口向かって右側の棚はこんな感じ。プレオープン初日と2日めはカウンターに置いてあったようだけど専用の棚ができてる。好きなものを、好きなだけ。胸躍るシステム、これは楽しいなあ。

<画像:トッピング>

ということでひと通り取ってみた。かつお節、桜えび、、ねぎ、玉ねぎ、ごま、刻みニンニク、魚粉、海苔。玉子は生玉子とゆで玉子があるけど、ゆで玉子はその筋の方にお任せして私は生玉子をチョイス。取り放題ということで玉子無双してるバカとかいるかと思ったけど幸いにも居なかった。

<画像:缶ビール>

缶ビール(350円)

富士丸からの伝統としてビール類を頼むとブタモヤシゆで玉子半分にアブラがかかったおつまみが付いてくるわけだけど、ここはシンプルにメンマとネギ。ふむふむ。

<画像:カウンター>

カウンター上には酢や胡椒、割りスープの類。コの字のカウンター内側に陣取るどでん総帥は接客担当で、キッチンは奥にあって中が見えず、調理している人が誰かはよくわからなかった。

<画像:極・どろつけ麺小アブラ>

極・どろつけ麺小アブラ(800円)

「どろつけ麺お待たせしました〜」ということでお盆に乗ってブツが運ばれてきた。おお、野菜を排除した潔いスタイル。追い飯を試すためにあえて小にしてみた。決して50円ケチったわけではないので念のため。ではいただきましょ。

<画像:麺>

「麺・自家製極太うねり」と券売機にも書かれた麺は、北浦和(遠い)の本店より気持ち細めのような気もするけど十二分に極太ウネウネ。しっかりと水で〆られているけどツヤツヤ感はなく白っぽい麺肌。

<画像:つけダレ>

< ページ移動: 1 2 >


コメント(1)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8